タオと猫の庭

余震の中で

ガソリンを入れるのをあきらめた。
近所のスタンドは毎日長蛇の列。

自転車もあるし、歩いて何でもできる。
いま、あるもので、工夫してくらそう。

電気が半分消えた近所のコンビ二も雰囲気がやわらかい。
以前は品物を無言で買って、買う行為だけが店の中にあったけれど
ガラガラの棚を見て、「パンないんだ」とか「昨日の余震は…」とか
知らない人同士が話をしている。

今朝、庭にツグミが来て、白菜をかじっていた。
食事のあとは羽つくろい。

鳥笛を鳴らしたら、どこから聞こえるのだろうと首をかしげていた。
仲間がいる、と思ったのかな。
鳥笛に反応したのは、猫たちもでした。
(木と木がこすりあう音が、鳥の鳴き声にソックリ)

f0233018_814164.jpg



癲癇発作の持病があるクロは毎日薬を飲んでいたが
この一ヶ月薬をやめてみた。
薬を飲んでも発作はでるし
薬によって受けるダメージの方が強い気がする。

昨日、発作があり
不思議な事に発作後のクロは
毛づくろいをしたり、とても元気です。

f0233018_8143966.jpg


薬で押さえ込むよりも
もしかしたら
たまったものを出す方がクロの状態は良くなるのかもしれない

発作の苦しみと
毎日だるそうに暮らすのと
どちらがどれだけ不快なのか
どちらがいいのか
クロの気持ちはわからないけれど。
ただ、薬をやめたことで
内臓の状態は良くなってきたらしい。
よだれと口臭がなくなった。

何かあると
わたしたちは「足し算」で対処してきたけれど
何もしない
あるいは「引き算」で答えが出ることもある。
[PR]
by f-azumi | 2011-03-18 08:37 | 暮らし | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://azumineko.exblog.jp/tb/15676766
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 心を込めて アニメ・かっぱのすりばち >>


四匹の猫と暮らしのこと