タオと猫の庭

ことだま

きのう、
生協で買った真新しいスライサーで怪我をした。
きれいな薄切り大根に見とれていたら
自分の親指までスライス。

あっと思った時には
白い大根が真っ赤になっていた。
ぎりぎり縛って半日仕事をして
夕方、また痛み出して救急外来へ。

包帯を取ったらまたひどい事になり
歯を食いしばっての治療だった。
「切った部分を縫えると良かったんですが」と先生に言われた。
どれだけ切ってしまったのか恐くて見てない。
ほんのすこしでも
肉を切るとこんなにいたいのか。
ほんの欠片でも失うということはこんなに
痛いのか。

おやゆびがつかえないと、ものすごく不便。

友人がブログで
「うざい」「きもい」のことばを使う人になじめないと書いていた。
わたしもおなじ。

ずっとたまっていた疲れは「身体的なものが大きい」と思っていたけれど
心の疲れも大きかったのかも、と彼女のブログを読んで思い当たる。
普通の言葉として「うざい」「きもい」と
子供たちが口にするたびに
それが自分にむけられていなくてもわたしは辛い。
その言葉の毒は、後でどんなにきれいな言葉で埋め合わせようとしても
残ってしまう。

言葉には言霊がある。
きれいな言葉はまるい。
不快な言葉には角がある。

親から子へ
トゲトゲの言葉が伝承され
それが当たり前の言葉になっていくのは
本当にいやだなと思う。

同じ理由で流行り言葉にもなじめない。
古臭いのかもしれないけれど。

f0233018_10362658.jpg

[PR]
by f-azumi | 2011-04-24 10:38 | 暮らし | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : http://azumineko.exblog.jp/tb/15862471
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Isabel at 2011-04-24 18:17 x
あずみさん、今日はわざわざ来てくださってありがとうございました♪

親指の怪我、大変だったんですね・・・痛かったでしょう。右手でご不自由だと思いますが、無理しないでくださいね♪ これも、ちょっとはゆっくりしなさい、と神様がおっしゃっているのかも・・・痛~い代償だけれど。

本当に、子供たちにはきれいな日本語で育てられていってほしいものです。言葉は、消えもののようでいて、ずっと残るもの・・・言霊が宿っているからこそ心に残るのでしょうね。

新緑がきれいな季節になりましたね、緑を目にして、あずみさんのお疲れがどうか少しでも取れますように・・・。
Commented by f-azumi at 2011-04-24 20:14
Isabelさん、駆け込みでごめんなさい。
やさしい猫たちに心癒されました。くたくたのシエスタ、またいつか。猫って本当は骨がないんじゃないのってくらい、やわらかいですよね。
あんなふうに、わたしもゆるやかにのびきってみたいです。
写真どれも素敵でした。写真の収益は地震の義援金になるのですね。
大好きなshiroがさらにこころがこもった空間になっていて嬉しかったです。 そうですね、怪我をして、心にちょっとブレーキがかかりました。少しゆとりを持たなくては、と思います。ありがとう、うれしい言葉。
Commented by MUGI at 2011-04-26 10:59 x
何番目か、あるいは何十番目かの「異名」が出来ましたね。
「身を削って修行する人」という。

傷のある親指を守るのに、カップヌードルの容器では大き過ぎますね。
35ミリのフィルムのケースなどはどうでしょうか。

お大事に。
Commented by azumi at 2011-04-27 08:24 x
小説のタイトルみたいですね。
身を削って、どんどん細くなって最後は消えてしまうのでしょうか。
指を守るアイデアは気持ちだけ、いただいておきます。
土曜日には、包帯が取れてバンソウコだけになっているかも。
Commented by やまり at 2011-05-05 03:04 x
いつも拝見していますよ。ヤーマちゃん初節句おめでとうございます!名前の似たやまりです。
ヤーマちゃん!お座り出来てる!チョコンと置けるようになり、ママもきっと楽になりましたね。
ブログ読んで下さりありがとう!
言葉って大事ですね。今日動物園で恐竜のぬりえコーナーがあり、長男より大きい男児が、ぬりえを待っているひとたちに気をつかわず、何枚も続けようとして、注意されてました。でも、注意されてもポカン…。

違う場所で、お母さんから何か叱られているその男児を見たけど、「親も親」でした。

気づかいや思いやりは学校やよそに頼らず、親が教えるべきなんだ、と思わされるヒトコマでした。
Commented by やまり at 2011-05-05 03:11 x
そうそう!肝心なことを追記。指は大丈夫ですか。
三男も昨年の夏、キッチンの棚開けて生協のスライサーで遊んでて指を切り、血が止まらず、皮膚科に…。縫わなかったけど、すっぱり皮が無くなりました。
私の不注意に反省でした…。
Commented by azumi at 2011-05-05 20:14 x
やまりちゃん、ありがとう。指は治りました。
思ったより早くて、病院の先生にも「優秀だね~」といわれました。
そそっかしいから気をつけたいと思います。
スライサーを見る度、心拍数が早まってる。
連休、あっという間だったね。子育ても書くのも楽しみながら「やまり流」でね~☆
<< 土と器 夢をかなえる >>


四匹の猫と暮らしのこと
以前の記事
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
お気に入りブログ
外部リンク