タオと猫の庭

ことだま

きのう、
生協で買った真新しいスライサーで怪我をした。
きれいな薄切り大根に見とれていたら
自分の親指までスライス。

あっと思った時には
白い大根が真っ赤になっていた。
ぎりぎり縛って半日仕事をして
夕方、また痛み出して救急外来へ。

包帯を取ったらまたひどい事になり
歯を食いしばっての治療だった。
「切った部分を縫えると良かったんですが」と先生に言われた。
どれだけ切ってしまったのか恐くて見てない。
ほんのすこしでも
肉を切るとこんなにいたいのか。
ほんの欠片でも失うということはこんなに
痛いのか。

おやゆびがつかえないと、ものすごく不便。

友人がブログで
「うざい」「きもい」のことばを使う人になじめないと書いていた。
わたしもおなじ。

ずっとたまっていた疲れは「身体的なものが大きい」と思っていたけれど
心の疲れも大きかったのかも、と彼女のブログを読んで思い当たる。
普通の言葉として「うざい」「きもい」と
子供たちが口にするたびに
それが自分にむけられていなくてもわたしは辛い。
その言葉の毒は、後でどんなにきれいな言葉で埋め合わせようとしても
残ってしまう。

言葉には言霊がある。
きれいな言葉はまるい。
不快な言葉には角がある。

親から子へ
トゲトゲの言葉が伝承され
それが当たり前の言葉になっていくのは
本当にいやだなと思う。

同じ理由で流行り言葉にもなじめない。
古臭いのかもしれないけれど。

f0233018_10362658.jpg

[PR]
by f-azumi | 2011-04-24 10:38 | 暮らし
<< 土と器 夢をかなえる >>


四匹の猫と暮らしのこと
以前の記事
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
お気に入りブログ
外部リンク
その他のジャンル