タオと猫の庭

伝えること

 猫展にだしたたくさんのイラストの中で、
なぜか、みんなが「これ、いいね」って言ってくれたのが落書き帳だった。

「売らないの?」
「うらないよ、だって、落書きだもの」
あわてて打ち消したのは、あまりにも、こころの中を自由に描いてしまったから。

ruinekoからもらった白いノートに、一晩と半日で書いた色鉛筆のメモ。
出来上がったら、彼女へのラブレターと、とりとめのないひとりごと。

f0233018_1316915.jpg
f0233018_1316191.jpg
f0233018_13162994.jpg
f0233018_13163950.jpg


伝えるということは乞うこと
           恋うことと同じ。

「たった一人の人に伝えたいことが、みんなの心を打つんだ。」

それはいつも文章の先生に言われていることでした。

考えてみたら、ruinekoさんの描くものは
みんな、特別のたった一人へのメッセージ。
でも、それがみんなの心を打つ。
そして、来てくれた一人ひとりが、
猫に、人に、思いを馳せ優しい気持ちになってくれる。
むずかしいことを言わなくても
波のように伝わっていく…
小さな命への思い。

表現したものを人前にさらけ出すのは勇気がいるけれど、
そこからまた
新たな一歩が始まる。

今の自分の力を知り、
知る事によって、どんなふうに枝を広げようか
見えてくる。

「ここには、表現したい人がいっぱい集まってるね」
来てくれた文章の先生が言いました。

たしかに!
フラダンス、陶芸、料理、朗読、絵画、写真、ぬいぐるみ…みんな何かしら創作する人ばかりでした。
 
f0233018_13224392.jpg


文章の先生は、雨の中、風のように現れて、ヤーマを抱っこして
松虫先生と謎めいた禅問答をして
また、風のように去っていった。
「愛弟子がふたり、がんばっているからね」(わたしとruinekoのこと)
とおっしゃって。
だれも買ってくれそうになかったものを二種類(Mくんの骸骨の絵と狐みたいな猫石)買ってくださったのは
先生なりの心遣い……
いや、まてよ、先生の趣味はちょっとかわっているからな~
と、あとから可笑しくなったのでした。
[PR]
by f-azumi | 2011-09-26 13:59 | 暮らし | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://azumineko.exblog.jp/tb/16605506
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< のんちゃん、ワクチン。 猫展おわる >>


四匹の猫と暮らしのこと