タオと猫の庭

五月です

ブログお休み中ですが、
五月になったので
いつ切れるかわからないパソコンに怯えつつ、記事を書こうと思います。
文字だけになってしまいますが…


先日4月29日。

久しぶりに「ちびと山賊」の会がありました。

仏子の廣田さんのおうちが会場です。

一階がコンサート会場。
二階は手作り絵本の会場でした。

シンガーソングライターのたかはしべんさんのコンサートです。

「いいの」の絵本と歌が大好きなヤーマにも聞かせたくて

当日は、ぐるっと電車を乗り継いでヤーマのうち経由で、入間市へ。

仏子の駅で、童話作家の山口タオさん、紙芝居の相棒あこちゃんと待ち合わせ。

会場には、懐かしい顔がいっぱい。

廣田さん、そして廣田さんの横には、もういないはずの山賊さんが

しっかりといます。

カッパのすりばちの仲間、福島の佐藤先生ご夫妻やら、

アニメのエクラアニマルさんたちやら、同窓会みたいなありさまでした。

べんさんは、あったかくて面白い方で

歌もおはなしもとっても楽しかったです。

歌手と観客のあまりの近さにとまどっていらした様子でしたが

すぐに会場はひとつになりました。

最年少だったタマちゃんも、歌に合わせて合いの手を入れてました。

「あら、いい感」じと思っていたら、最後の「ハエを飲み込んだおばあさん」の歌で

べんさんが「おばあさんが…」と声を張り上げるたびに大泣き。

それを見て、みんなが笑う。べんさん困りながらも歌い続ける……。

タマちゃん、すごくいい刺激になりました。

ヤーマは本にサインをしていただきましたが、

べんさんの目の前で、「こっちはたまきくんの」と言いながら

裏の余白に、大胆なサインを自分でしてしまいました。

「たーまーきー」と言いながら。

べんさんも口あんぐりの、ハプニングでした。

f0233018_113137.jpg


べんさんは明日、五月三日に川越西文化会館で

「あの震災を忘れない」 ・支援コンサートを開きます。

当日券もあるそうなので、お近くの方はどうぞおでかけください。

わたしもカンパしてきました。

 さて、今日は

音の仲人をしてきます。

オカリナを習いたい友人と

オカリナを習っている友人の引き合わせ。

きれいな音が、広がってゆきますように。

そうそう、山のふもとの街にひっこしたとら丸ちゃんから

お便りが届きました。

げんきでよかった。

とら丸ちゃんは、クローバーの中をおさんぽしてました。
[PR]
by f-azumi | 2013-05-02 10:47 | 暮らし | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://azumineko.exblog.jp/tb/19318195
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 五月半ば 紙芝居公演 >>


四匹の猫と暮らしのこと