タオと猫の庭

カツレツ

今日は十年ぶりのシロアリの消毒。

朝からのざわざわに猫たち、和室に避難。

そんな中、クロちゃんだけが暑い二階のベランダで伸びてました。

夕食にはこの頃、料理に目覚めた家主の逸品が。

f0233018_19371354.jpg


取材で食べたイタリアンシェフのカツレツを再現してくれました。

とっても繊細な味

決め手は脂身を取り除き、

フライパンに出た油も、捨てて、最後に無塩バターを加えます。

パン粉は細かく擂って使います。

庭のルッコラを付け合わせに。

おいしかったです。ごちそうさま。
[PR]
by f-azumi | 2013-07-23 19:41 | 暮らし | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://azumineko.exblog.jp/tb/20072650
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by maiko136 at 2013-07-24 11:30
ご主人、すご~い!!
カツレツ、美味しそうですね(^^♪
ひと手間かけるのがコツなんですね、きっと。
見ていて食べたくなりました♪
いつか作ってみたいと思います。
ちなみにコップに挿してあるのはハーブですか?
ねこじゃらしに似てるけど、葉っぱがミントっぽいですよね。
良かったら教えてくださいね。
Commented by f-azumi at 2013-07-24 12:27
見てたら簡単そうでした。わたしにはない丁寧さがあるので、それがミソかも。味付けは卵の中に、塩とパルメザンチーズだけ。
脂肪を取って切れ目を入れたお肉を、その卵液に浸し、砕いたパン粉をまぶして、形を整え、切れ目の方からフライパンに入れます。焼いた後、油をいったん捨てて、またフライパンに戻し、無塩バターを載せて焼きます。さっぱりして上品な味でしたよ。
イタリア料理シェフ、西口大輔さんから伝授。
 ハーブはアップルミントだったかな?わしゃわしゃ生えてるからおすそ分けできますよ♩maikoちゃんの生け花に使ってもらえるのかな??
Commented by maiko136 at 2013-07-24 21:30
詳しいレシピをありがとうございます♡
揚げてないから、ヘルシーな感じがします。
アップルミントなんですか・・・うちにもたくさんあります(*^_^*)地植えしたら増えました。写真で見ると、ずっと素敵ですね。こういう活用の仕方があるんですね。参考になりました♪
そういえば生け花の先生宅にバジルの花とヨーロッパのヒマワリが花瓶に生けてあり、斬新でしたよ(^^♪
今年、花が咲いたら真似して生けてみたいと思います。
Commented by f-azumi at 2013-07-27 13:11
maikoさん
ハーブって脇役のようでいて主役にもなる素敵な存在ですね。
ハーブを煎じて、お砂糖加えて冷やした、おいしいハーブテイー、きのうお料理の先生(銀・鉄にいらしてたゆみこさん)からご馳走になりました。口の中にいつまでもハーブの香りが残ってさわやかでした。 バジルとひまわり。斬新!
<< 押し寿司 ベビーシッター >>


四匹の猫と暮らしのこと