タオと猫の庭

流れを変えること

「ビジネスには『自分勝手を追求するビジネス』と『自分の利益はまったく排除して他の人の利益だけを求めるビジネス』との二つがある。後者を私はソーシャルビジネスと呼ぶ。利益を取らないが、それに投資した投資額は返してもらう。返却分以外は、一円も利益を取らず、すべてのお金は社会的な目的のために使われる」

バングラディッシュで貧民のためにグラミン銀行を創設したムハマド・ユヌス氏の言葉です。

彼は貧困救済の手法を編み出したとして2006年、ノーベル平和賞を受賞しています。

ムハマド氏は、米国で経済学を教えていましたが、1970年代の母国の飢饉のとき、

何か自分にできることはないかと大学近隣の貧しい村々を訪ねます。

そして気づいたこと……

高利貸しがいて、人々はほんのわずかな金額のために、悪循環に陥っていること。

そこで彼は人々の借金を肩代わりする。

「貧乏人からは、お金は返って来ませんよ」と言われたにもかかわらず

なんと全員が返済。

高額な利子によって返済ができなかっただけで、無利子なら返済は可能だったのです。

信頼はなり立つのだと確信した彼は、グラミン銀行を創設。母国全土に広げて行く。

          運営方法

投資方法は「マイクロクレジット」と呼ばれごく少額貸付。

個人ではなくグループに貸し付ける。

定期的は返済を怠るとグループの連帯責任になる。


担保も必要なく弁護士も不要、書類もいらない。
信頼をベースにした銀行です。

この銀行によって、貧しい家の子どもたちも教育が受けられるようになるなど

多くの社会貢献ができている。



ムハマド氏の言葉です。

学校で子どもたちにまず教えなければいけないことの原則

ひとつは「自分が楽しむことで、他の人々の楽しみを奪ったり、環境を破壊してはならない」
もうひとつは「この地球をより美しい状態で、次の世代に渡す」

「世界には、いろいろな素晴らしい技術があり、想像を超えるような大きな生産能力があります。

世界中のすべてのビジネス、企業を集め、優れた技術で、世界の問題(貧困、栄養問題など)にあた

れば、解決することができます。なのに目下、技術は利益の追求というひとつの目的のため使われて

いるため、苦しむ人は増え続けています」




全ての大企業が、ほんの一部の部署でいいので、

このグラミン銀行形式を取り入れ

儲けゼロの社会貢献をしたら、世の中は変わると思うのだけれど…。
[PR]
by f-azumi | 2014-08-07 11:09 | 暮らし | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://azumineko.exblog.jp/tb/22693851
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 夏野菜 平和 >>


四匹の猫と暮らしのこと