タオと猫の庭

暑気払い

昨日は同人会の暑気払いでした。

大昔はお祓いのようなこともしたのか、ということが話題になりましたが、

調べてみたけれど、お祓い云々の記載は見つかりませんでした。

文字通りの行為なのかな。

「暑気払いとは、その名の通り「暑さをうち払う」ために、体に溜まった熱気をとり除くこと。暑気というように、暑さや熱そのものに限らず、弱った気(エネルギー)を元に戻して「元気」になろうというわけです。
昔の様子をみてみると、酒、薬、食べ物など口にするもののほか、薬湯(枇杷湯、桃湯、どくだみ湯など)、行水、川遊びなどで暑気払いをしていたようです。現代では、もっぱら宴会をすることが多いです。」

先生が来ていらした紫の浴衣をもとに、「俄芝居」があって、大いに盛りあがりました。





f0233018_9345787.jpg


   ライトの中に頭を突っ込むクロ。

f0233018_9352776.jpg


   甘えんぼのシロ


f0233018_9364829.jpg


f0233018_937853.jpg


   雨を縫って、モアちゃんがご飯に来ました。
   
[PR]
by f-azumi | 2014-08-10 09:40 | 暮らし | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://azumineko.exblog.jp/tb/22712593
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by maiko136 at 2014-08-10 12:28
暑気払いの意味、なるほど~納得(^^)/
勉強になりました☆ありがとうございます♥
Commented by f-azumi at 2014-08-10 21:36
意外と意味は知らずに使っていることってありますね。

暑気払いなのに、わたしは漢方でせっせと温めている所です。
<< 五番目の猫? ねこたちの夏姿 >>


四匹の猫と暮らしのこと