タオと猫の庭

里帰り

f0233018_924271.jpg

 
  白馬鑓と杓子岳 
  杓子沢。

f0233018_93133.jpg


  里帰り二日目に訪れた白馬。黄葉の山々もきれいだったけれど
  心を奪われたのは、高い峰々です。

 
f0233018_974865.jpg


 
f0233018_981252.jpg

    お蕎麦もおいしかった。


f0233018_9111899.jpg

   実家から見る有明山は、やさしいおかあさんのイメージですが、

f0233018_9115139.jpg

   北へ行くにつれ、おとうさんみたいなごつごつした形に変化します。


f0233018_9141380.jpg

      林檎畑

f0233018_9145796.jpg

      山小屋(燕山荘)

f0233018_916563.jpg

     実家の庭の三本杉とお月さま

f0233018_9173278.jpg

     ここは昔、バス停があったところ。
     今はそばに桃の販売所があります。

f0233018_9182832.jpg

     二日目の朝は霧。
     畑とお隣さんの美容室(実家の猫キイちゃんの娘がいます)
   
f0233018_9211713.jpg


     蕎麦畑にいた茶トラ。
     キイのBF? きつねみたいです。

     キイは一日目に姿を見せたきり、どこかへお出かけでした。
   母が言うには
  「お墓のそばの空き家にみんなで集まっているみたいだよ」
   お墓のそばなんて、なんか、意味しんな猫の集会。

f0233018_9241547.jpg

   日暮れ時の青さが、とてもきれい。
   黄色い灯りは木工作家さんの工房で
   木屑の匂いと木を切る音がします。

  散歩をすると、新しい家がいくつも建って、
  風景も少し変わっていたりするけれど

  自然の懐は大きくて、
  まだまだ、昔と同じものがたくさんあります。

  ねぐらに帰るカラス、空の雲、そして山。

 
f0233018_928098.jpg

   この道を辿って
   母の実家、おばあちゃんの所に歩いて行きました。
   猪鹿(いが)の牧 と呼ばれる山のふもとまで。

   遊びながら辿った楽しかった思いが

   草の道から湧きあがってきます。



  
    
 
[PR]
by f-azumi | 2014-11-01 09:40 | 暮らし | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://azumineko.exblog.jp/tb/23212510
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by MUGI at 2014-11-01 14:45 x
行事の連続でお疲れになったと思います。体力は、残ったでしょうか。
向こう側の蕎麦の山は高いですね。大盛りというより二人前ですか。
美味しそうですね。お盆二つで三人前を一人で、さすがに蕎麦好きのあすみ
さんだけのことはありますね。
Commented by f-azumi at 2014-11-01 18:45
白馬の「膳」という蕎麦屋さん。
むかいが「大盛り」でこちら側が普通盛りです。
大盛りは本当に盛りが多かったです。
おいしいお蕎麦でしたが、ひとりで食べたかどうか……
そういうひっかけコメントにはノーコメント。
ペンネーム、麦雄から蕎麦男に変えてみません?
運命が変わるかも。
Commented by mc1998r at 2014-11-02 22:31
こんばんは

おお、安曇野
そして白馬の風景ですね。

すてきな時間を
過ごされたようで

よかったですね。^^
Commented by f-azumi at 2014-11-03 09:09
mc1998rさま
ありがとうございます。
北アルプスの山並みの代わりに、新宿のビル群が見えたとき、
それはそれで郷愁を覚えたのは、こちらの暮らしも長くなったということでしょうね。不思議な時間の交錯です。
入れ違いに「安曇野スタイル」だったのですね。
来年は狙っていきます!
Commented by maiko136 at 2014-11-03 09:45
azさん、お帰りなさい♥
白馬・安曇野、大昔に行ったことがあるのでとても懐かしかったです(^^)ご実家の近くの写真を拝見しながら、まるでお話を伺っているような気分になりました。そして、自然にあふれるこの場所がazさんの感性を育んだんだなぁと実感しました(^^♪
それにしても、ご実家の三本杉、立派ですね。樹齢どの位ですか?
Commented by f-azumi at 2014-11-03 10:14
maikoさん、白馬、安曇野、いらしたことあるんですね。
ちょっと都会的なものが混じりつつ、大事な場所は昔のままでした。昔はどのうちも屋敷森を抱えていましたが、どんどん切られて、どこも日当たりがよくなりました。
実家も三本杉だけが残りましたが、いつからあるんだろう?
九十になる父よりは上だと思いますから、百年は越えていると思います。梢にカラスの巣があるみたい。。。
Commented by maiko136 at 2014-11-04 22:25
屋敷森!、初めて聞きました。すごいですね。三本杉の写真を見た時にふっと「トトロの森」のようだなと思いました。杉なのにね(^_^;)

そういえば白馬に「森の音(ね)」というオカリナ製作所があるそうです。私は行ったことはないですが、先生達が行かれています。(そこのG管カリナを持ってはいますが)
あと先日オカリナの発表会を聞きに行ったら、azさんの好きな「テルーの唄」を演奏したグループがいました。とても良く聞き入りましたよ(^^♪
Commented by f-azumi at 2014-11-05 11:49
屋敷森はうっそうとしていて恐かったです。
墓地も森で、そこを通りぬけて学校や友だちのうちに遊びに行ったので、暗くなると肝試しみたいだったよ。
テルーの唄、オカリナの演奏もいいでしょうね。
わたしはときどき歌っています。
オカリナも練習しなくちゃね~??
そうそう、あの杉の木を見るとアニメの一休さんの「ゆうべ杉のこずえに明るく光る星ひとつ……」という歌を思いだします。
アニメの一休さん、maikoちゃんに、通じるかな。。。
Commented by maiko136 at 2014-11-06 21:24
屋敷森、長野ならではのエピソードですね♥
大丈夫、アニメの一休さん、歌も知ってますよ(^^)
よく見ていたので。確かにぴったりですね☆
Commented by f-azumi at 2014-11-07 09:53
共有できてよかった☆
オープニング曲よりエンディング曲の方に心惹かれます。
<< 障子張り 三男坊 >>


四匹の猫と暮らしのこと