タオと猫の庭

里帰り

f0233018_924271.jpg

 
  白馬鑓と杓子岳 
  杓子沢。

f0233018_93133.jpg


  里帰り二日目に訪れた白馬。黄葉の山々もきれいだったけれど
  心を奪われたのは、高い峰々です。

 
f0233018_974865.jpg


 
f0233018_981252.jpg

    お蕎麦もおいしかった。


f0233018_9111899.jpg

   実家から見る有明山は、やさしいおかあさんのイメージですが、

f0233018_9115139.jpg

   北へ行くにつれ、おとうさんみたいなごつごつした形に変化します。


f0233018_9141380.jpg

      林檎畑

f0233018_9145796.jpg

      山小屋(燕山荘)

f0233018_916563.jpg

     実家の庭の三本杉とお月さま

f0233018_9173278.jpg

     ここは昔、バス停があったところ。
     今はそばに桃の販売所があります。

f0233018_9182832.jpg

     二日目の朝は霧。
     畑とお隣さんの美容室(実家の猫キイちゃんの娘がいます)
   
f0233018_9211713.jpg


     蕎麦畑にいた茶トラ。
     キイのBF? きつねみたいです。

     キイは一日目に姿を見せたきり、どこかへお出かけでした。
   母が言うには
  「お墓のそばの空き家にみんなで集まっているみたいだよ」
   お墓のそばなんて、なんか、意味しんな猫の集会。

f0233018_9241547.jpg

   日暮れ時の青さが、とてもきれい。
   黄色い灯りは木工作家さんの工房で
   木屑の匂いと木を切る音がします。

  散歩をすると、新しい家がいくつも建って、
  風景も少し変わっていたりするけれど

  自然の懐は大きくて、
  まだまだ、昔と同じものがたくさんあります。

  ねぐらに帰るカラス、空の雲、そして山。

 
f0233018_928098.jpg

   この道を辿って
   母の実家、おばあちゃんの所に歩いて行きました。
   猪鹿(いが)の牧 と呼ばれる山のふもとまで。

   遊びながら辿った楽しかった思いが

   草の道から湧きあがってきます。



  
    
 
[PR]
by f-azumi | 2014-11-01 09:40 | 暮らし
<< 障子張り 三男坊 >>


四匹の猫と暮らしのこと
以前の記事
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
お気に入りブログ
外部リンク
その他のジャンル