タオと猫の庭

反骨精神

f0233018_10322171.jpg

  ノンちゃん、本を枕の昼寝からさめたところ。
  硬さも高さもちょうどいい?

f0233018_10323842.jpg

  原田マハ「風のまじむ」
  村山早紀  「ルリユール」  どちらも一気に読みました。

               今「天狗ノオト」読んでいます。

昨夜のラジオに認知症の方が出演していた。
しっかりとふつうにお話をされていました。

認知症になると何もできなくなるわけではない。

その方は、パソコンで文章は書けるし、画像処理もできるので
ブログを書いているそうです。
でも、紙に文章は書けないのだそうです。

私は反対だと思っていた。
いずれはパソコンなんて使えなくなるから、紙にペンのスタイルに戻るのかなって。
でも、違うんですね。

お店に入ってものを探したり
電車の乗継なんかも混乱を起こしてダメなのだそうです。

でもどちらも、ほんの少しだれかに助けてもらえばできること。

認知症に限らず、自分ができることできないことを把握して
だれかに助けてもらって
暮らしていくのは大事なことです。

自立と同じくらい、だいじなことかも。

外からは見えないけれど
みんないろんな不都合を抱えて生きている。
その不都合に対して
自然に、的確に、
手を差し伸べたり、思いやったり、助け合えるといいなと思います。

そしてそれが弱さでも劣化でもなんでもなく、
普通に起こったことなのだと皆が思えるように。

昨日は千葉に行って千葉市美術館で「赤瀬川原平展」を観た。

久しぶりに「老人力」という言葉を思い出していた。

普通でないセンスに、心がぐらぐら揺すぶられました。

そのあと西千葉の山口さんのところに足を延ばし、猫の絵を見てきました。

青から抜け出てきた、不敵な面構えの猫の絵でした。
f0233018_19332772.jpg

[PR]
by f-azumi | 2014-11-20 11:12 | 暮らし | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://azumineko.exblog.jp/tb/23311491
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mc1998r at 2014-11-21 00:16
こんばんは

日だまりのノンちゃんは
今日もおだやかですね。

認知症、ほんとうにそうですね、
みんなもう少し余裕をもって

誰かをやさしく思いやれる
そんな世の中にならなくては
いけませんね。^^
Commented by f-azumi at 2014-11-21 07:58
いつもふるさとの空気を届けてくださって
ありがとうございます。
朝ごはんの前に、ゆっくり味わうんです(^^♪
今朝もひんやりおいしかった。

山や空や風や海…
優しさも余裕も<自然>と同化することで
育まれるのかもしれませんね。
お金やスマホやテレビばっかり見ていると
だめなのかも。
<< コンサート max >>


四匹の猫と暮らしのこと