タオと猫の庭

<   2011年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

猫石と犬石

すみれさんと
ほしのさんの分。

f0233018_2133771.jpg


背中にすみれと星が付いてるの。
おふたりはコンビだから
仲良くみつめあってるの。

それからくんちゃんには犬石。
f0233018_21343991.jpg


犬はユーミー先生とこのファルコン君に続き二作目。
でも、犬はやっぱり石の中に収めるのはムズカシイ。
くんちゃんちのアル君はコーギーだから
なんとなく、まあまあ
形になったけれど…。
[PR]
by f-azumi | 2011-10-22 21:39 |

お守りに。

手のひらに包みこめる大きさで、と
友人から頼まれた猫石。

f0233018_1510422.jpg


花崗岩はごつごつしているので、色がのりにくいけれど
川の中を上手に転がってくるのでしょう、
おにぎりみたいに
まるくてころんとしている。

石文と言うことばを
おくりびとの映画の中で初めて知った。
石が伝える「ことば」があるのだと。

石が持っている「言葉」に
猫をくわえたから、
これはきっと、猫守り石ですね。

意識したつもりはないけれど
大きなきらきらしたひとみが
彼女にどこか似ている。
ふしぎ。
[PR]
by f-azumi | 2011-10-22 15:17 |

安曇野

f0233018_92328.jpg


安曇野に帰ってきました。
秋のこの季節に帰るのはほんとうに久しぶり。
「おかえり」
有明山はわらっているみたいです。
この山と
まいにち挨拶を交わして大きくなりました。
わたしにとっては、おかあさんみたいな山です。

ヤーマはひいおじいちゃんひいおばあちゃんに
初めて会いました。
みんながヤーマから元気をもらって、笑顔になりました。
f0233018_94212.jpg


f0233018_942619.jpg


お母さんに肩車して
安曇野の秋をいっぱい吸い込んだ。

f0233018_952552.jpg


f0233018_9135363.jpg
f0233018_9141885.jpg
f0233018_9143227.jpg

秋の色はきれい

今回の旅の初めに
びっくりすることがありました。
中央道の石川パーキングから出たら
うしろに見覚えのあるイラストが…!!
以前横浜のナザレ幼稚園に描いた森の妖精たちのマスコット。
ナザレ幼稚園のバスが後ろを走っていたのです。
f0233018_963452.jpg

写真は見せていただいたのですが
本物を見るのは初めだったので、嬉しかったです。
正面だけじゃなくて
ぐるりと見たかったなあ。
こんな偶然ってあるのですね。
[PR]
by f-azumi | 2011-10-18 09:17 | 暮らし

6番め

猫展のときruinekoさんが書いてくださった
リュウの詩が昨日、家に届きました。
この詩は
リュウの事を書いてあるけれど
世界中の子どもたちひとりひとりの事なんだなと思います。

f0233018_15421777.jpg


f0233018_15423619.jpg


                 ね、リュウ?


   「命の名前」  F家のリュウ

ぼくはボランティアさんの家を
転々として
いろんな名前で呼ばれた

だけど それは便利に呼ばれただけ
ぼくのほんとうの名前じゃない
どこにあるんだろう
ぼくの ほんとうの名前
ぼくの 魂の名前

仔猫は 器量のいい子から里親が決まる
ぼくも 器量よく生まれてきたかった
前足をなめて顔をゴシゴシこすっても
ぼくの模様は 消せない

ある日
「やあ、かわいい子だ
今日から きみはうちの子だよ
うちの六番目の猫だから
名前はリュウ
中国語で六という意味
どうかな 気にいったかい」
お父さんがメガネごしに
ぼくの顔をのぞきこんで言った

あたたかい笑顔

「まあ、素敵な名前
元気なこの子にぴったりだわ
おとこのこらしくていい名前
のびのび空をかけまわる龍のように
大きく育ってほしいわ
夢のある名前ね
リュウ、リュウ、リュウちゃん」
お母さんがやさしく抱きあげてくれた

リュウ! リュウ! リュウ!
ぼくの名前!
お父さんとお母さんが付けてくれた
ぼくの名前!
ぼくの体に電流が走った
ひげの先からしっぽの先まで
ふるえが走る

ぼくのほんとうの名前
ずっと探していた
ぼくの魂の名前

ぼくの名前は リュウ!
ぼくは この名前に出逢うために
生まれてきた
          (ルイ・ハヤシ)
[PR]
by f-azumi | 2011-10-14 16:13 |

TOHOKUの空へ

f0233018_16113458.jpg


にゃんげん仲間の山口タオさんから
歌が送られてきました。

TOHOKUの方たちへの思いを歌ったものです。

http://www.youtube.com/watch?v=MglhYUiI2Zo

タオさんからのお便りです……

あずみさま

やっとこさ秋になってくれたみたいですね。
こっちもやっとこさですが、震災以降ふと思い立って、楽譜も読めない、楽器も弾けないのに、作り出した歌「TOHOKUの空へ」が完成しました。

娘の通う小学校のパパさんコーラス仲間の協力を得て、歌ったものをYouTubeにUpしました。(無加工バージョンもUpしとります)
出来てみると、これは<忘れない>ための歌だ――と思いました。
三月以降の心のモヤモヤがちょっと晴れた感じです。
にんげん、にゃんげん、みんなで聴いてください。見てください。ついでに風呂場や箪笥の上や、丘のてっぺんで歌ってください。
気に入ったら、知人友人にもぜひお知らせくださいませ。よかったら、ブログにも貼っつけてください。

タオさん、ありがとう。
うたってみますね。
箪笥の上はちょっと難しいけど。
歌からも、画面からも
懐かしいものがあふれだす。
忘れかけていたものを思い出して、涙がでそうになりました。
[PR]
by f-azumi | 2011-10-13 16:23 | 暮らし

ハッピー・サプライズ

昨日は寒い雨の日で
気がめいりそうだったけど

夕方、ちょっとしたサプライズがあった。

f0233018_10485576.jpg


大好きな児童文学者、佐藤さとるさんのおうちに取材に行き、

家主がサインをもらってきてくれたのです。

コロボックルがいっぱいいそうな、こんもりと木々に囲まれたおうちだったそうです。

実は、わたしの息子の名前も暁。(佐藤さんも本名は暁)

わたしは一冊持っているので、この本は、息子へプレゼント。
[PR]
by f-azumi | 2011-10-06 11:05 | 暮らし

のんちゃん、ワクチン。

f0233018_104778.jpg


のんちゃん、
チクンしました。
ユーミー先生のところで。
f0233018_1044516.jpg


久しぶりだねー、のんちゃん。
カラスにつつかれた傷を治してもらったり
お腹のサナダムシを退治してもらったり
ユーミー先生にはずいぶんお世話になったのんちゃんです。
「のん」と言う名前も先生から付けて頂きました。
今日はユミさんに爪も切ってもらったよ。

f0233018_1081128.jpg

そして待合室には
この間の絵がかかっていました。
嬉しいけどちょっぴり恥ずかしい。

感謝の気持ちを込めて
今日は
看板犬のファルコンと看板猫チイの似顔絵石を置いてきました☆
f0233018_10111556.jpg

[PR]
by f-azumi | 2011-10-01 10:13 |


四匹の猫と暮らしのこと
以前の記事
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
お気に入りブログ
外部リンク
その他のジャンル