タオと猫の庭

<   2013年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

空、風、雲。

ジブリの「風たちぬ」観てきました。

空と風感じました。

大好きなロセッティの「だれが風を見ただろう」が朗読されたのもうれしかったし

良寛さまの「天上大風」がさりげなく軸になっていたのもうれしかった。

アニメではなく、重厚なドラマを見た感じです。

自分の大事にしている、世界、思いを余すところなく、怖れず、媚びず

表現している幸福感が伝わってきました。

旭日旗や軍服、ゼロ戦、だけで、反感を覚えてしまう人がいる事は事実。

それを知ったうえで、戦争を違う側面から描くことに力を尽くしたんだなと思いました。

テーマにもなっている

「汝の手に堪ることは力を尽くしてこれをなせ」 

の言葉が胸にずんときました。

この思いで、戦中戦後の男たちは(あえて男たちと表現します)

日本の国の基盤を作り上げてきたのでしょう。 

一生懸命と言うのは美しいです。

ファンタジーでなく、初めてのリアル作品だとありましたが

こういうリアルが(美しい風景も)日本から薄れつつある今

もしかしたら、これって別の意味でのファンタジーかもと思いました。

f0233018_9552057.jpg


きのう、校正を終えた原稿を今日投函。

秋の猫展にむけて少しずつ、猫石の内職ハジメマシタ。

今年は、羊毛の座布団付き、なんです。
[PR]
by f-azumi | 2013-07-29 10:01 | 暮らし

ノアたちのこと

f0233018_1234428.jpg


毎日やってくるようになったノアとオニイチャン。

オニイチャンと呼ぶけど、ふたりは恋人どおしです。

外の暮らしは厳しそうだけど、とても幸せそうにもみえる。


先日ワクチンを打ちに行き、食事制限がはじまった我が家の猫たち

だらだらご飯を止めて、中猫と外猫、同じ時間にごはん。

特にリュウは、二年かけて体重を半分にと言われているのです。
 がんばれ、リュウ。

f0233018_12345425.jpg


ノアはごはんを食べるときなら、少しだけ触らせてくれる。

でも、オニイチャンと一緒のときは、オニイチャンを見習ってすごく用心深い。

f0233018_12352330.jpg


昨日の大雨のあとのふたり。

あと少しで気持ちが通じそうな……

本当に自由に猫が暮らせるコミュニティがあったらいいのにね。

昨日は大きなダニがノアの耳についていて(ピアスみたいに)何とかしたくて、やきもきしてましたが
今日は取れていました。よかった。
[PR]
by f-azumi | 2013-07-28 12:53 |

押し寿司

タッパーで作ります。

すごく簡単。

友人からお海苔をたくさんいただいたので、久しぶりに作ってみました。

f0233018_1218376.jpg


今日の具は、底の方から

ケシの実(胡麻でも)

キュウリと薄焼き卵

その上にひじき入り寿司飯

海苔

ツナとキュウリ

寿司飯

海苔

という感じです。 シイタケやニンジンの甘辛煮もおいしいです。


重しをして、少し待ちます。重しの前に、小さいタッパーでもぎゅうぎゅう押してあります。

f0233018_12183099.jpg


ひっくり返すときは慎重に。包丁でふちをなぞってから。

梅酢漬けのしょうがを飾ります。

f0233018_12291212.jpg


切り分けてお皿に。ほろっ、あ、くずれた。押しが足りませんでした。
[PR]
by f-azumi | 2013-07-28 12:31 | 暮らし

カツレツ

今日は十年ぶりのシロアリの消毒。

朝からのざわざわに猫たち、和室に避難。

そんな中、クロちゃんだけが暑い二階のベランダで伸びてました。

夕食にはこの頃、料理に目覚めた家主の逸品が。

f0233018_19371354.jpg


取材で食べたイタリアンシェフのカツレツを再現してくれました。

とっても繊細な味

決め手は脂身を取り除き、

フライパンに出た油も、捨てて、最後に無塩バターを加えます。

パン粉は細かく擂って使います。

庭のルッコラを付け合わせに。

おいしかったです。ごちそうさま。
[PR]
by f-azumi | 2013-07-23 19:41 | 暮らし

ベビーシッター

 今日はベビーシッターの日です。

 折り紙をつかって、舟遊びになりました。

 ヤーマが舟に0から10までの数字を書いて、船隊を組んで大海原に出発。

f0233018_8351090.jpg


f0233018_8364915.jpg

 最後は舟もみんな、美味しい食べ物になりました。
 お盆の上に山盛り~。おいしそう。
f0233018_8155736.jpg


f0233018_8161375.jpg

 ヤーマ画伯の絵画(書?)コレクション

f0233018_8163595.jpg


 たまちゃんはたっちして、ピアノを熱演しています。

 体を使って遊ぶことが多かった保育も、このごろは

 会話でずいぶん遊べるようになった。

おかげで、部屋にいながらにして、動物園やお菓子屋さんやお山や公園にと

世界が広がりました。

「おばあちゃん、髪切った?」といち早く気づくヤーマ。

気配りの人ね。

夕方、ベランダからお月さまを眺めました。

はんぶんおつきさま。
[PR]
by f-azumi | 2013-07-21 08:30 | 暮らし

タロから教わったこと

f0233018_1931456.jpg


「自分の死を考える集い」の中村仁一先生の著書を読んだ。

主旨は「自然死」のすすめ です。

読みながらタロのことを思い出しました。

点滴をやめてから、ほんの少し水を飲むほかは、いっさい食べることをやめて

最後は水さえも飲まなくなって、逝きました。

そのときのタロが思ったほど辛そうでなく

涙は出たけれど、心のどこかで安心していられたのが不思議だったのですが

中村先生の本を読んで、

合点がいった。

自然死(餓死=飢餓・脱水)では、脳内にモルヒネ様物質が分泌され、いい気持ちになって
意識レベルも下がり、ぼんやりとした状態になる。
したがって不安や恐怖や寂しさもなく、まどろみのうちに、この世からあの世へ移行できるとありました。

タロは病気だったけれど

どうしたら自分が苦しまずに逝けるか本能で知っていたんじゃないかなと思います。

わたしは薬をたくさん飲んでいて、検査も月に一度は受けているので、
いろいろ考えてしまいました。

抜粋だけ書いても誤解を招くだけなので

詳しくは書きません。

死ぬのはがんに限る。ただし治療はせずに、というセンセーショナルな内容なので。

本を読むことをお勧めします。
[PR]
by f-azumi | 2013-07-16 20:06 |

そとねことうちねこ

f0233018_1828492.jpg


    先日、ヤーマからブラッシングしてもらったリュウ。
    いっぱい毛が抜けます。

f0233018_18291411.jpg


    今日は何と、網戸を開けて、三匹が脱走。(シロ、ノン、リュウ)
  
    でもシロ以外は、庭だけですぐに帰宅。

f0233018_1831179.jpg


    ノンちゃん、久しぶりのお外はやっぱりドキドキだったみたいです。

f0233018_1831569.jpg


    夕方ノアがやってきた。

慣れて来たら、病院へ連れて行こうとカゴを餌のそばに置いています。

餌をカゴの中に入れると、用心して近寄りません。

f0233018_18365817.jpg


f0233018_18371971.jpg


もう少ししたら、カゴにもなれるかな……

今はいろんな子が来るので、ノアだけ、カゴでと言うのがすごく難しい。

でも、根気よく、少しずつ。

ノアは「にゃあ」とわたしを見て餌をねだるようになりました。
[PR]
by f-azumi | 2013-07-16 18:38 |

たまちゃん。

二番目のたまちゃん

静かな巨人

意思が強い。

一歳児はじっくり向き合うと

すごくたくさんの要求と問いかけと感嘆で生きてる。

もし言葉がつかえたら、きっとしゃべりどおし。

たった一つの指さしと、感嘆符だけで

ずいぶんいろんなことを大人に伝えようとしているね。

一歳児って大したもんだ。

びっくりした。

f0233018_13343786.jpg


f0233018_13333478.jpg


f0233018_13302277.jpg

[PR]
by f-azumi | 2013-07-05 13:40 | 暮らし

たまちゃんと猫と。

f0233018_813065.jpg


f0233018_8135917.jpg


f0233018_8141410.jpg


たまちゃんの小さな手は

ときにはやさしいけど

うれしい気持ちをあらわしきれなくて

尻尾や背中をぎゅっとつかんでしまう。

猫たちは

そばに行きたいような

行きたくないような。

だから、たまちゃんが眠ってしまうと

みんなでそばによってきて一緒に夢を見る。
[PR]
by f-azumi | 2013-07-05 08:19 | 暮らし

おるすばん

f0233018_20223238.jpg


f0233018_20233383.jpg


いってらっしゃい。

ヤーマたちが昨日からハワイへ遊びに行きました。

母子おそろいのカンケンバッグ。

軽くて便利。

今回は

たまちゃんだけお留守番。

おおむねいい子ですが

寝つく時だけ大泣きします。

やっぱり寂しいよね、たまちゃん。

早く帰ってくるといいね。
[PR]
by f-azumi | 2013-07-04 20:27 | 暮らし


四匹の猫と暮らしのこと
以前の記事
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
お気に入りブログ
外部リンク
その他のジャンル