タオと猫の庭

<   2014年 10月 ( 22 )   > この月の画像一覧

ひだまり

f0233018_1543107.jpg

      むべも

f0233018_15433482.jpg

       クラブアップルも

       色づきはじめた。

f0233018_15564055.jpg


f0233018_15442288.jpg


       おや、オレンジ。ひさしぶりにくつろいでいる。

 
    きょうは図書館で、小檜山博さんの本、二冊借りました。
[PR]
by f-azumi | 2014-10-28 15:46 |

立って歩く黒猫

f0233018_8334443.jpg


黒猫のたまちゃんです。


f0233018_834494.jpg


お兄ちゃんのハロウィーンパーティに

くっついていったの。
[PR]
by f-azumi | 2014-10-27 08:36 |

夕闇

f0233018_19435857.jpg


 夕方の散歩に行きました。
 いつもの公園がちがう場所みたいです。

 陽が落ちるのが早い秋。

 暗いのに熱がまだ残っていて、
 どこかはなやいだ気配さえ漂う秋の夕暮れ。

 夕方散歩の楽しみは、美味しそうな匂いにも出会えること。

 猫のケンさんとミケ子さん、なかよくくつろいでいました。

 向かいの白黒猫がその様子を眺めていましたが

 恋の季節じゃないから大丈夫よね。

 窓から外を眺めている猫も、いっぴき、にひき……

 その姿は、半分シルエットになりかかっている。

 いい感じのそれぞれの夕暮れの過ごし方。


 ニーニとノアはどうしちゃったのかなあ

 元気かなあと思っていたら

 ニーニがいました。にゃあにゃあ、鳴いています。
            (近況報告?)

f0233018_19571131.jpg

  先日のように、あとはついてきませんでした。
  超スローシャッターでブレブレです。

  縄張りが変わったんだね。
  寒くなるから元気でね。
f0233018_1959750.jpg

  ニーニ、鳴きながら、暗がりの中に消えました。
  また会えるよね。
  
  この距離感は、昔、感じたことがあるな、と思いました。

  椋鳩十の作品世界で。
  あるいはまた
  カムイ外伝や妖怪人間などの劇画でも。
  
  同じ世界では暮らせない
       寂しさと悲しみとあきらめと。

 子どもの頃はその寂寥感を漠然としか受けとめられなかった。
 今は、わかります。

 正体を見極めることで、そこに慣れ親しんで行こうとするみたいな
 そんな気持ちで、ものを見るようになったからかもしれません。













 
 















  
  

 

 
[PR]
by f-azumi | 2014-10-26 20:29 |

アジロ―会

今日は西船橋にて、四年ぶりの同人仲間の集まり

アジロ―会でした。

北海道から作家の小檜山博さんもきてくださり

にぎやかで熱い会でした。

先生が一番うれしそうでした。

f0233018_96755.jpg


       
[PR]
by f-azumi | 2014-10-25 20:09 | 暮らし

芸術の秋

今日は漢方のお医者さんへ行った足で

shihoとふたり、青山、渋谷から代官山へ。

代官山のギャラリーに行きました。

VOCA賞を受賞された田中望さんの個展「ものおくり」です。

f0233018_20205679.jpg


f0233018_20211978.jpg


f0233018_20213940.jpg

  
   祈りを感じます。
   自然の力の前で、人間は無力だけれど
   心からの祈りが
   天に届くかもしれない。
   届かなくても、人は、命を必死に未来へとつないでいく
   そんなことを感じながら、眺めてきました。
   
   絵巻物のような、曼荼羅のような 心ひかれる絵。

 そしてもうひとつは対照的な、明るさとかわいさの
  布川愛子さんの「parade」。

 
f0233018_20284071.jpg


f0233018_2029044.jpg


f0233018_20291842.jpg


   猫の絵だけ、写真を撮って来ました。
   かわいいです。
   色もきれい。

 代官山はshihoの勤めていたジュエリー会社のあった街
 あちこち、案内してもらいました。
 shihoは、自分のお洋服のお店より、子供服のお店に関心が移り
 つくづくママになったんだなーと思いました。
  
  
f0233018_20334688.jpg

 
   もう、クリスマスのデコレーションです。











 
[PR]
by f-azumi | 2014-10-24 20:37 | 暮らし

しろくろちゃん

f0233018_22175991.jpg


f0233018_22182172.jpg


      おなじいろのふたりは

          くっつくとひとつ。

      でもよくよくみると

          対照的。

       しろくろちゃん。
[PR]
by f-azumi | 2014-10-21 22:21 |

おだんご

f0233018_1603920.jpg


     のんちゃんたら
     こっそりお団子つまみ食い?

     「いえいえ、これはわたしのお手手です」
     手枕のんちゃん、のんきな昼寝。

f0233018_1623886.jpg

     こちらはほんもののお団子です。
     みたらしとあんこと
     にゃんげんのおやつ。


  京成佐倉の駅前の信号の少し先
  一方通行の下り坂にあるお店 さくらや のお団子。
  ひと串54円。大きくてふっくら。味も満点。
  小さなお店だけど、朝早くから開いていて、二時には売り切れ閉店。
  
  頻繁に買いに行きます。
  自分で食べるのやら、お友だちにあげたりやら。
  お弁当とか、おまんじゅうとか、いろいろあるけど
  みたらし団子がいちばん好きかも。。。。
  シャッター通りになりつつある中で、がんばってるお団子やさん。
  応援したいです。

f0233018_168520.jpg

  ところでのんちゃん、頭でも痛いの?
  その寝方はなに??
[PR]
by f-azumi | 2014-10-19 16:17 |

ひだまり猫

f0233018_12222699.jpg


    猫の被毛に陽射しが入り込む。

    伸びた体の隅々まで。

f0233018_1222579.jpg

  それにしてもリュウったら!!
  ぎょうぎ悪すぎ。


f0233018_12243998.jpg

   喉が乾いたら、うふふ、金魚水。

f0233018_12343246.jpg


f0233018_12345295.jpg


    あったかいのはうれしいね。
    ひざしはありがたいね。
[PR]
by f-azumi | 2014-10-18 12:39 |

うちには稀なる猫団子。

f0233018_19524618.jpg


f0233018_1953848.jpg


   体温の高いリュウを核に、
   今年初めて……いえ、わがやでは数年ぶりのねこ団子発生。

   いつもバトルしてるノンとリュウがこんなふうにくっつくなんて
   ちょっとびっくり。
   ノンはよほどうれしかったみたいで、
   リュウの毛づくろいをしきりにしていました。


   
   <孤を守る猫が弧になり猫団子>



f0233018_19553637.jpg


   壺にさした枝が、部屋の中できれいに黄葉しました。
   むべの実もほんのり赤紫色に染まっています。

f0233018_858396.jpg

  










 
[PR]
by f-azumi | 2014-10-17 20:17 |

月花ちゃん日記その2

    大きくなりました。

f0233018_1042142.jpg


    すっかり仲良しの月ちゃんと花ちゃんです。

f0233018_1042449.jpg

      猫トンネルもたのしい。わくわく。

f0233018_10432824.jpg

     ぐるぐる湧いてくるお水もおもしろい。
     
     花ちゃん、手ですくって水飲んでます?

 
f0233018_10445139.jpg

     遊ぶのが仕事の子猫。
     興味は尽きないね。

     子猫のエネルギーって、幸福のエネルギーですね。
     どうしてこんなにかわいいのかしら。
   
     ※    ※    ※


  昨日はruinekoさんのおうちで、バザーの品物のラッピングでした。
  二十日からギャラリーカフェ風草で「猫のためのバザー」をします。

  猫展が中止になってしまい、その代わりの企画です。
  売り上げは全て、猫の不妊手術代になります。

  かわいいねこグッズ。
  道ばた猫、茉莉子さんの素敵な猫写真が待っています。

  ぜひ、みなさん、いらしてくださいね。


  ということで、
  おしゃべりしながら楽しく作業をしていたわたしたち。
  ruinekoさんは、品物を選びながら思い出に浸っていました。

  と、そのとき
 「これはバザーに出せないんだけど、わたしの宝物」
 とruinekoさんが見せてくれたガラス瓶がありました。
 「マンションのすぐそばの駐車場で、フリマがあって、二十年前に買ったの。
 母子で出してたお店でね……」

 その言葉が終わらないうちに、わたしはびっくりして立ちあがっていました。
   「それ、わたし!」

 ガラス瓶に描いた黒い猫。なんだか見覚えがあるなあーと思ったら、
 二十年前の記憶が鮮やかによみがえりました。

 あれはたしか、場所ふさぎになっていた天体望遠鏡を処分しようと
参加したバザーでした。
そのついでにわたしとshihoでガラス瓶や石に猫の絵を描いたのでした。

 お互い知らずに、わたしたち、二十年前に出会っていたんだねー、と
 ガラス瓶を真ん中に、しみじみとしてしまいました。
 ふしぎなことでした。










  



   
[PR]
by f-azumi | 2014-10-16 11:08 |


四匹の猫と暮らしのこと
以前の記事
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
お気に入りブログ
外部リンク
その他のジャンル