タオと猫の庭

<   2015年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

向日葵

帰りの高速バスの中

思いだすと泣けてしまうので、

けんめいに言葉をひねりました。

気持ちを鎮めるのを短歌はたすけてくれました。

やったことがないので、出来はともかくとして

小説は長すぎるから、こういうとっさのときは、俳句か短歌ですね。




   <向日葵>


                  
病室に専門用語飛びかいぬ
      患う父は蜂窩織炎(ほうかしきえん)


声ひそめ介護チームが模索せし
      老いたる父の最終航路


ひと椀のアイスクリーム買いに出で
      『永訣の朝』の賢治に出逢う


食細りきつく閉じたる父の口
      甘くとろかすハーゲンダッツ


枕辺のセピアの写真遠き日の
      軍服の父詰襟の父


蒼き山燃ゆる向日葵白き雲
      微熱の父の顔紅(くれない)に


病葉(わくらば)も朽ち葉青葉も紅に染め
      朝陽が渡る雲のきざはし


山鳩の鳴き交わす声天を打ち
      延びたる道は山に溶け行き


再入院覚悟のほどを問われしに
      父を見やれば遠きまなざし


軽トラで訪ね来たりし父の友
      猫と暮らせし九十二歳


幾たびも取り直したるバス予約
      帰路に見えたる月十三夜


彷徨える羊のごとく駅に立つ
      友の着メロ我を見つける


休耕田母が蒔きたる向日葵の
     首をもたげて吠えるがごとく


向日葵と張りあうごとく空仰ぎ
     腕を伸ばして風をとらえる


向日葵は大地に生きた父の花
     夏に生まれて夏を生き抜く


影深く向日葵の熱地に溶けて
     暮れゆく空に光る明星

 

                    
[PR]
by f-azumi | 2015-07-31 21:25 | 暮らし | Trackback | Comments(2)

安曇野

f0233018_9284637.jpg


  母の畑のヒマワリは、花畑と言うよりヒマワリ林になっていました。
  きいろい花のむこうに青空。

  そのむこうには山が見える。

f0233018_9301791.jpg


  父の退院に立ち会うためにやって来た安曇野。

  指折り数えて待っていて、家に帰れたのもつかの間
  
  発熱、倦怠感と、症状が思わしくなく
  
  救急車でまた病院に。

  もう一度病院に戻るわけを父に話した。
 「またすぐに戻れるから。十日になったらわたしが来るから。
  ほらあとこれだけ待てばいいんだよ」
  そう言ってめくった日めくりの厚さ。
  父にとって、二週間はまた百年のような気がするだろうと
  涙があふれました。
  たった一日を「長いな」と何度も口にする父なのです。
  やっとかなった帰宅なのに。

  それでも、ずっと離れていて親不孝だった娘のわたしには  

  一晩と一日、父と過ごした時間が宝物でした。
  
  話はたいしてできなかったけれど。

  何もかもしてやりたかった。

  「わるいな」と言う父に
  泣きそうになってしまうので、
  下を向きながら
  手当やおむつ交換をして
  父にしてもらったたくさんのことを思いだしていました。
  夏休みの工作や宿題帳、いつも手伝ってもらったんだよね、おとうさん。


  ケアマネージャーさんや訪問看護士さん、母に弟夫婦
  遠くから指示を出し続けてくれた、ケアマネージャーの従妹
  ほんとうにたくさんの人が父を支えてくれていた。


  父の小学校の同級生のフリハタさんも軽トラに乗って
  お見舞いに来ました。
  九十二歳でも免許更新。りっぱ。

  同級の男子はあと四人だけ、だそう。
  「父はどんな子どもでしたか?」
  「ああ、よく勉強してたな」
  まだもっと父のことを聞きたかったのに、
  九十二歳の語りはすぐに自分のことになってしまうので
  フリハタさんの暮らしぶりがよくわかりました。
  古文書をひも解き猫とふたり暮らし。
  頭も足腰もしっかりして、ほんとうにうらやましいです。


f0233018_9521855.jpg


  松本の街は観光客や登山客でいっぱいでした。
  それぞれの目的で、ターミナルに集まる人々。
  そこから旅立って行く人々。
  みんな思いは様々。


  引越しと父の病状とが同時進行。
  することがいっぱい。



  暑い、暑い
       夏です。










  
  
  
[PR]
by f-azumi | 2015-07-31 10:15 | 暮らし | Trackback | Comments(2)

猫のダイエット

f0233018_2140415.jpg


  リュウ、七キロをきって六キロ台に。

 もう大丈夫。

 結石とも縁が切れるよ、きっと。

f0233018_21423259.jpg

 
 食事のテーブルをみつめるまなざしは……

 しんけん!!


f0233018_21433276.jpg


  奥歯を十本抜いたシロちゃんも術後の経過は順調です。

  引越しの前に、気がかりの種がふたつ消えたのはうれしいことでした。






 
[PR]
by f-azumi | 2015-07-24 21:45 | | Trackback | Comments(2)

ミュウとカノン

近所の友人ゆうちゃんちの猫です。

男の子がカノン。キジ白のハンサム君。

f0233018_201042.jpg


女の子がミュウ。墨黒と白のかわいこちゃん。



f0233018_2022320.jpg

  カノン、頼もしそうだけど
  実はミュウちゃんのほうが、ちょっと気が強くて
  お尻に敷かれてるの。(ないしょだよ)


f0233018_2012128.jpg

     とっても気のいいカノンです。



ミュウは

なんども死にかけて、大手術もして

動物病院の先生から

「奇跡の猫ちゃん」と言われた スーパーニャンコです。

今も点滴の毎日だけど、とっても元気そうでした。

f0233018_2055558.jpg


 がんばれミュウちゃん。

 もしかしたら、ママが弾くビオラの音色で
 
 病気がよくなっているのでは???

 セロ弾きのゴーシュのお話みたいに!!
[PR]
by f-azumi | 2015-07-24 20:08 | | Trackback | Comments(0)

引っ越し

引っ越しをします。

家の中は、段ボールの山です。

f0233018_2027314.jpg


 箱を使ってヤーマとタマちゃんは大好きな絵本の再現中。

 とよたかずひこさんの「ばしゃにのって」です。

 ぱかぱかぱか、がらがらがら
「つぎは人町一丁目」
 ピンポーン、降りまーす。

f0233018_8192567.jpg


 ぱかぱかぱか、がらがらがら
「次はお化け町二丁目でーす」
 うらめしやポーン、降りまーす。
 

f0233018_8194176.jpg

  シーツをかぶった二匹のお化け。

 
 一匹はサングラスをかけて気取ったお化け

f0233018_8211051.jpg




    お化けごっこに飽きたらお外へ。

    子どもは太陽と友だち。

    泣いたり笑ったり怒ったり。めちゃくちゃいそがしい。

f0233018_8284025.jpg


f0233018_855632.jpg




      いたずらっ子タマちゃん。
      叱られたときの反応が面白い
f0233018_82921.jpg


「たまちゃん、逃げちゃうからね。ずーっとずっと遠くへ行っちゃうからね」

そう言って部屋の隅っこに行って、じいっとしています。

「おばあちゃんなんかきらい!」

「あら、そお? おばあちゃんはたまちゃんがだいすきのだいすき」

 すると、ふくらんだほっぺのあたりがゆるんできます。
「ぼくは、きらいだもーん」と言いながらにこにこ。

 きらいと言われて固まってしまった、余裕のない学童現場のことを思いだし、
 ほんとは、あの子もあの子も、あの子だって
「大好きだよ」と言って欲しかったのかなと気づく。
 後悔でやりきれなくなります。


 おとなに余裕がないとね。



引っ越しばかりの日々の後で、
二十年以上を過ごしただいすきな街。

いろんなことに出会えて
いろんな人に出会えて

楽しかった。

最後の最後まで、
いいことばっかりだといいな。















 
























 
 




        
[PR]
by f-azumi | 2015-07-20 21:16 | 暮らし | Trackback | Comments(2)

友人ブログです。「猫ママのドキドキ育児日記」


 
 きのう、オッサンとミケ子さんの子どもたちをもらってくださった
 Kさんから、ブログを教えて戴きました。

 右横の外部リンクより
「猫ママのドキドキ育児日記」です。

 大きくなった子猫たちが幸せそうにゴロゴロにゃーんと
 甘えています。
 この子たちも、夢を叶えたんだなーとうれしくなります。
 のぞいて見てくださいね。
[PR]
by f-azumi | 2015-07-17 17:38 | | Trackback | Comments(0)

「ひかりあつめて」

友人から本が送られてきました。



詩人で童話作家の杉本深由起さんの詩集です。

最近のニュースとも重なって、胸をどんと突かれた思い。

f0233018_8305538.jpg


詩を連ねていって、ひとつの物語になっています。

その中から、いくつかを抜粋。

勇気を出して、自分の心に忠実になろうとしたら
いじめの標的になってしまった少女。

「言葉の力で、いじめを越える」
少女の心の軌跡。


   < 引っ越してきた街>


 道をたずねたら

 海に向かって
 三つめの角をまがればすぐですよ
 という答えが返ってきた

 いかにも言い慣れた感じで


海にむかって
 山にむかって
 空にむかって
 
 なんて単純明快
 いい響き
 あっけらかんとした明るさよ

 道を下れば 海
 坂を上がれば 山
 見上げれば 空

 好きになれそう
 この街が

   <新しいクラス>

 「新川ユキです。
 よろしくお願いします」
 先生と教室に入ってみんなに挨拶したら

 とつぜん
 ドタドタと ものすごい音をたてて
 男子たちが床を踏み鳴らした
 ヒューッと口笛を鳴らす者
 制止しようともしない先生
 一部の女子たちの しらっとした視線
 勝手な笑い声とまばらな拍手

 先生 男子 女子
 三つの物体が てんでばらばらに
 浮遊しているような このクラスは
 なにかが違う
 前の学校とは


    <らせん階段>
 
お弁当の時間
 山本さんが当番でいれたお茶は
 みんな絶対に飲まない
 ご飯でのどをつまらせながらも
「クサイ」
「キタナイ」
 と鼻をおさえて

 いつまでも
 教卓の上に置かれている
 大きなやかん
 自分の席でひとり
 うつむいてお弁当を食べている
 山本さん

  --のみたい
  --のんであげたい

 わたしの心のらせん階段を
 くるくる駆け上っては
 すごすご おりてくる
 言葉にはできない
 思い。

    <雨>

 授業中
 先生の話を聞いていたら
 ――ポツン
 なにかが背中にあたった
 まるめられたノートの切れ端
 「しゃしゃるなよ」のひと言

 気にしないでいたら
 ポツン、ポツン
 ポツンポツンポツン
 だんだん本降りになってきた
 ナイフで小さく切り刻まれた
 消しゴムの雨

 放課後 階段を下りていたら
 頭上に降ってきた
 ちりとりで集めたごみの雨

 うすぎたない雨が
 わたしに降りかかりだした

 山本さんの入れたお茶
 飲んであげた日から

     <湖>

 風から気管支炎になって
 肺炎 入院 重体
 やっと退院
 登校した日の朝だった。

 黒板いっぱいに
 書いてあった
 わたしの名前と
  --おまえなんかいらない
     死ね!

 息をのみ
 見開いた
 わたしの目

 湖になれ
 醜悪なもの 沈めても
 翌朝には また
 しーんと
 透きとおる湖になれ

   〈むねに抱いて>

 --隠された!
 わたしの体育館シューズ
 靴箱からなくなっている
 しょぼんと体育館にむかうと

 先に教室を出た工藤さんが
 体育館にもってきてくれていた

 「バイキン、さっさと死ね」
 とチカコたちに言われる毎日
 山本さんまでいっしょになって
 「はよ、屋上へ行き、
  背中押したるで」
   だなんて。
 そんなわたしの体育館シューズ

 工藤さんたら
 にこにこ笑って
 花束みたいにむねに抱いて

     <ひとりじゃない>

 お弁当を残して帰った日
 母さんが心配そうにしていた
 「なにかあったらちゃんと話すのよ」
 いつもそう言って髪を直してくれる

 転校前からの親友トモコ
 あれからちょくちょくメールがくる

 朝自転車で追いこし際ぎわに
 「新川、元気出していこうぜ」と
 声をかけてくれる竹村くん

 隠されたわたしの体育館シューズを
 むねに抱いて持って来てくれた工藤さん
 顔を見合わせるたびにこっと笑いかける

 そうだ
 わたし ひとりじゃない
 ひとりじゃなかったんだ

   <光・合・成>

 明るいほうへ
 明るいほうへと
 手を伸ばし
 光をかき集めては
 体じゅうで受け止め

 喜びを
 幸せを
 感じようとしているときの人間って
 植物と同じ

 暗闇から
 やっと
 発芽したんだもの

 いまね
 わたしも
 光・合・成

 
 
[PR]
by f-azumi | 2015-07-12 08:36 | | Trackback | Comments(0)

猫まんじゅう

f0233018_1593858.jpg

  shihoから猫まんじゅうの写真が送られてきました。

f0233018_15102230.jpg


   リュウの顔も猫まんじゅうっぽい。




先日、もらわれていった三匹の子ねこちゃん。
こんなに大きくなりました。

f0233018_15114356.jpg


  すっかり「抱っこなれ」「子どもなれ」している様子。
  お客さま好きの猫になりそうです。

  
[PR]
by f-azumi | 2015-07-09 15:15 | | Trackback | Comments(2)

たなばたさま

きのうは七夕さま。

雨だったけれど、たなばたさまは、きっと雲のむこうで

たくさんの夢をかなえてくれたのでしょう。


f0233018_7441827.jpg


 ヤーマの短冊。
 今しか書けないと思う、のびやかなこの文字が大好き。
「がんばってうんどうすること」



きのうは、「道ばた猫日記」に大きくなったゆめちゃんが登場。

スイカに乗ってる姿が、何ともかわいかったです。



「クーヨン八月号」には、わらべ歌の明子さんの特集が載っています。

来週、青山に行くので、表参道のクレヨンハウスまで足を延ばそうと思っていたところ、

近所の本屋さんで手に入りました。都会の人混みは苦手なので

とおくまで行かずに済んでほっとしました。

f0233018_1561266.jpg


f0233018_1572454.jpg


 すてきな明子さん。
[PR]
by f-azumi | 2015-07-08 07:53 | 暮らし | Trackback | Comments(0)

箱入り娘

f0233018_17242390.jpg


   裁縫箱のふたにおさまったノンちゃんを
   家主がグルーミング。

f0233018_17244237.jpg

   いい気持ちは、する方もされる方も。    

f0233018_1725111.jpg


     収穫はこれだけ。
     箱入り娘のノン
[PR]
by f-azumi | 2015-07-04 17:28 | | Trackback | Comments(2)


四匹の猫と暮らしのこと