タオと猫の庭

<   2015年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

blogの引越しのお知らせ

f0233018_20431655.jpg



    ファゼンダ牧場のIさんと三姉妹が、ねこ助を連れてお引越しの日に
    雨の中、お別れに来てくれた。

    わたしの似顔絵を描いて…

    とってもすてきに描いてくれてありがとう。

    猫たち、そっくりです。クロとシロとノン。

    
    お知らせです。
    画像がいっぱいになったので、引っ越しを機に
    ブログもお引越しいたします。


         「安曇野の日々」  です。

                    

  「タオと猫の庭」を訪ねてくださった皆さま、ありがとうございました。











   
[PR]
by f-azumi | 2015-08-31 20:57 | 暮らし

風に吹かれて

f0233018_15331447.jpg


   安曇野に越してきて、三週間ちょっとが過ぎました。
   写真は頭を隠した有明山です。


   この三か月間は、ふつうではないことが次々に起きて
 
   そのどれもがひとつづきではなくて、
   バラバラな夢の一部みたいな気がします。

   でもいつでも、だれかに助けてもらっていた、
   そう思える三か月でした。

   特に引越しに関しては

   たくさんの人から、
   抱えきれないほどの気持ちと言葉とをいただきました。

   最後の最後まで、友人たちに支えられて

   あたらしい場所に着地することができました。

   本当にありがとうございます。

   
   引っ越して一週間目、父が旅立ちました。

   父はわたしたちを待っていてくれ、

   ここに住む人たちとの縁をつないでくれました。

   ここでもまた、たくさんの人に支えられている、そう感じながらのあたらしい始まりです。


  
f0233018_1544044.jpg


    お葬式に来てくれたヤーマやたまちゃんたちと。


  
f0233018_1545062.jpg


    田舎道を駆けてくるたまちゃん。

    悲しかったときに、希望みたいに明るかった孫二人。

    そうそう、生きてるうちは、楽しく生きなくちゃ。




  
f0233018_15473320.jpg


    これから、わたしの師匠となる母の猫、キイちゃん。

    生き方じょうずの、たくましい子。



    キクトさんがいなくなったので
    
    その分、母のミヨコさんを支えて、わたしも畑を頑張ろうと思います。

    そのうちにまた

    あたらしい場所で、安曇野便りを綴ろうと思います。

    あたらしい風に吹かれて

    なつかしい場所で。

    またお知らせいたします。

    ありがとうございました。


      最後に、友人が贈ってくれたユーミンの歌が
      わたしの心にも響いたので、ここに。


   「水の影」

  たとえ異国の白い街でも
  風がのどかな隣町でも
  わたしはたぶん同じ旅人
  遠いイマージュ 水面に落とす

  時は川 昨日は岸辺
  人はみなゴンドラに乗り
  いつかはなれて 
  思い出に手をふるの


  立ち去るときの肩のあたりに
  声にならない言葉聞こえた
  あなたをもっと憎みたかった
  残る孤独を忘れるほどに

  よどみない浮世の流れ
  飛び込めぬ弱さ責めつつ
  けれど傷つく心を持ち続けたい

  時は川 昨日は岸辺
  人はみなゴンドラに乗り
  いつかはなれて
  思い出に手をふるの







  







    

  

   

   
[PR]
by f-azumi | 2015-08-30 15:58 | 暮らし

さよならはまた会う挨拶

八月はお休みの風草

一日だけ、風草会のために、美子さんが風草の扉を開けてくれました。


f0233018_14305243.jpg


扉を開けると、そこには大好きな人たちの笑顔。


なんていったらいいんだろう。
その光景はとてもきれいで
うっとりしてしまいました。

それぞれ別々に出会うことはあっても
一度に集まることはない友人たちが
みーんな集まって、拍手でわたしを迎えてくれたのです。

へんな例えなんだけれど(誤解しないでね。ごめんなさい)
天国で再会するときってこんな感じかなっと
思ってしまいました。
だから、とっても、夢のように、みんなの笑顔が美しくてまぶしかったのです。

この土地に来て
この土地でしたさまざまなことがよみがえりました。

人形劇にお話会、

猫のこと、猫展や保護活動
それをつないでいたのは
ひと。ひとのこころでした。

ここにいる
どのひとにも助けられた
だいじなことを共有し、笑ったり泣いたりしたんだな
ありがとう、と心から思いました。

わたしが大好きなテルーの歌をオカリナで吹いてもらったとき
心が空に吹き上げられました。


さよならじゃない。ここにいる人たちとはまた会える。

さよならはまた会う挨拶。

だから、またね、大好きなみんな!

今日来られなかった人も、ちゃんとそばにいるのを感じました。

ありがとう。







  「テルーの唄」

夕闇迫る雲の上
いつも一羽で飛んでいる
鷹はきっと悲しかろう
音も途絶えた風の中
空を掴んだその翼
休めることはできなくて

心を何にたとえよう
鷹のようなこの心
心を何にたとえよう
空を舞うよな悲しさを

雨のそぼ降る岩陰に
いつも小さく咲いている
花はきっと切なかろう
色も霞んだ雨の中
薄桃色の花びらを
愛でてくれる手もなくて

心を何にたとえよう
花のようなこの心
心を何にたとえよう
雨に打たれる切なさを

人影絶えた野の道を
私と共に歩んでる
あなたもきっと寂しかろう
虫の囁く草原を
ともに道行く人だけど
絶えて物言うこともなく

心を何にたとえよう
一人道行くこの心
心を何にたとえよう
一人ぼっちの寂しさを








   
[PR]
by f-azumi | 2015-08-05 14:42 | 暮らし


四匹の猫と暮らしのこと
以前の記事
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
お気に入りブログ
外部リンク
その他のジャンル